MENU

おおくぼきゃんぷじょう

大久保キャンプ場

  • フリー
  • 区画
  • バンガロー
  • トレーラー
  • AC電源
  • お風呂
  • 温泉
  • シャワー
  • 無料
  • 直火
  • 川遊び
  • 海水浴
  • 釣り
  • イベント
  • グランピング

標高:324m 静岡県藤枝市瀬戸ノ谷11029番地

料金の目安
ファミリー:1,830円
1泊料金目安(大人2名+小学生2名)
ソロ:1,830円
1泊料金目安(大人1名/自動車もしくは二輪車利用)

AC電源利用料を含まないオフシーズンなどの宿泊(テント・バンガローなど)最低料金の目安です。
GWや夏休み期間は多くのキャンプ場で料金が異なりますのでご注意ください。
実際の料金は必ず各キャンプ場にご確認ください。

最終訪問月:2016年9月

現地レポート

大久保キャンプ場とは

管理棟
管理棟

藤枝市唯一のキャンプ場です。大井川と安倍川・藁科川にはキャンプ場は数箇所ありますが、その中間の山間に位置します。グラススキーや、グランドゴルフが楽しめる設備(有料)も併設されています。
車の乗り入れが可能なオートキャンプサイトと、管理棟前に車を置いてリヤカーでサイトまで運ぶ通常のテントキャンプサイトがあります。フリーサイトはなし。

眺望がすばらしいという立地ではありませんが、山に囲まれた静かなキャンプ場です。

管理棟の中にカフェスペースができたり、私が2016年に伺ったときは藤枝名物の朝ラーメンをいただきました。(2020年現在は不明)

追記)
初回訪問から合計3回大久保キャンプ場を訪れました。ハイシーズン以外は非常に良い思い出が多いのですが、ハイシーズン(お盆時期)に訪れた際は、コテージの宿泊者が深夜まで騒ぎ、不快な思いをしました。
公共の施設で安価なので仕方ない面もありますが、夜間にまったく管理者が不在のため放置の状態でした。一定数、居酒屋のように騒ぐ人たちがいるのは防ぎようがないですが、管理側でなんらかの管理・対応をしていただきたいと願います。

ロケーション

山間の立地
山間の立地
場内を流れる川
場内を流れる川

本当に山間のキャンプ場です。中心を流れる大久保川を挟んで、山がそびえ立っています。特別な風景ではありませんが、どこかしら懐かしさを感じる落ち着いたロケーションです。

アクセス

国道1号線バイパスからのルートは2つ。
東側からは、谷稲葉I.Cを降りてひたすら北へ40分。途中には、温泉施設「瀬戸谷の温泉ゆらく」がある。谷稲葉I.Cを降りて北には生鮮食品を置いてある店舗は無い(コンビニはある)ので、食材は購入してから北上する方がよいです。静岡市内からのメインルートになると思われます。
西側からは、大井川を超えてすぐの向谷I.Cを降りて大井川沿いを北上。信号(川口)を右折し北東方向に。かなり道幅が狭くなるところもあるのでご注意を。途中には県内最古のお茶の樹(大茶樹)がある。

料金

テントキャンプサイトは1,830円という安さ。西側のオートキャンプサイトは3,560円ですが、サイトの広さもほとんど変わらないので、荷物をリヤカーで運ぶ手間がありますが、テントキャンプサイトがおすすめです。
ただ、ゴミはすべて持ち帰りです。

施設

駐車場
駐車場
炊事棟
炊事棟
案内板
案内板
アスレチック
アスレチック
グラウンドゴルフ
グラウンドゴルフ
トイレ
トイレ

管理棟・炊事棟・コインシャワー(3分100円)・コテージ・キャンプサイト・オートキャンプサイト・アスレチック(スライダーのみ)、グランドゴルフ場、池(プール?)があります。道を挟んだ北側にはグラススキー場がもあります。
金額から考えると非常に充実した施設かつ清潔なキャンプ場です。ただ、コインシャワーはあるのですが、暗い&お湯の出が非常に悪いので(ちょろちょろとしかでない)寒くなってからは利用しない方が無難です。これは改善を希望します。
チェックインが14:00時と遅めなので、温泉施設「瀬戸谷の温泉ゆらく」で入浴してからチェックインもいいかもです。
管理棟には売店もあり、薪、炭、軍手、ライターなど基本的なものは販売していますが、多くは期待しない方がよいでしょう。見たところホワイトガソリン等の燃料系は販売していない様です。また、食堂も利用可能で朝は藤枝名物の朝ラーメンもいただけます。

テントキャンプサイト

テントキャンプサイト
テントキャンプサイト
テントキャンプサイト
テントキャンプサイトは狭め

各区画は矩形に整地されているところが多く(そうでない区画もある)、全体的に狭め。おそらく、40m2から60m2くらいだと思われます。各区画は幅50cm程の低い生け垣に区切られています。

広さから考えると、ファミリーテントテント(4~5人用)+ヘキサorレクタタープは設営がかなり工夫しないと難しいです。お持ちであればスクリーンタープか、2区画借りるか(安いので)など検討が必要です。
私たちは、ファミリーテント+ヘキサタープでしたが、ヘキサタープの片側を地面に垂直に直打ちし、逆L時の様にして設営しました。
地面は、特に固くもなく柔らかくもないです。ただ、風が強いので(私たちが利用した時は)しっかりしたペグを用意するべきでした。

オートキャンプサイト

電源利用はオートキャンプサイトのみ
電源利用はオートキャンプサイトのみ

オートキャンプサイトは電源が利用でき、やや広めのサイトです。

まとめ

他の利用者はオフシーズンという事もあり、キャンプサイトに3組、オートキャンプサイトに2組と適度に閑散としていて良かったです。
私たちが利用した日は、曇り時々雨といったグズついた天気でした。区画の狭さから、逆L字にタープを立てたのですが、朝突風が吹き荒れ、ペグが抜け、タープが倒れるという事態で大変でした。初日が風が穏やかだったので、ペグを短いVペグで済ませたのが悪かったです。山の天気には注意しましょう。
キャンプサイトへは管理棟前のリアカーを使用して道具を運びます。オートキャンプ場では、車が横付けですので楽ですが、こういった一手間が加わるとまた違った楽しみでもあります。
夜は思っていたよりは冷え込む事も無く、子供を早めに寝付かせ、ゆっくり買って来た日本酒を燗をつけながらちびりと山の中でやっている時はとても楽しいものです。
交通の便が良く、料金が安く、子供もグラススキー場でソリで遊べるとても気軽に行く事ができるキャンプ場です。区画が狭く密集しているので夏場に混んだ状態より、オフシーズンの利用をおすすめします。

キャンプ場情報

下記キャンプ場の情報は2020年10月26日時点のものです。
ご予約される場合は、最新の情報をキャンプ場のホームページ等でご確認をお願いいたします。

施設名 大久保キャンプ場
(おおくぼきゃんぷじょう)
電話番号 054-631-2227
※スマホをお使いの場合は番号タップでお電話かけていただけます。
住所 静岡県藤枝市静岡県藤枝市瀬戸ノ谷11029番地
Googleマップでルートガイドを見る
アクセス 国道1号線藤枝バイパス「谷稲葉インター」下車北上して40分
西部からは、大井川東岸を北上して行くルートもあります。
公式Webサイト https://orep-o.net/okubo_camp/
公式facebook https://www.facebook.com/ohkubosetoya
公式twitter https://twitter.com/DmKazu
公式Instagram https://www.instagram.com/orep.ookubo
料金 <キャンプサイト>
1,830円
<オートキャンプサイト>
3,560円
電源利用は1,000円追加
<ふれあいコテージ>
12,220円
<プレミアムコテージ>
16,290円
営業期間 月曜日定休
チェックイン 14:00
チェックアウト 12:00(コテージは10:00)
場内設備 管理等・炊事棟・カフェ・トイレ・コインシャワー・コテージ・遊具・グランドゴルフ・グラススキー場
レンタル品 テント
販売品 薪・軍手など基本的なものはあります。
その他注意事項 キャンプ場利用者はグラススキー場の割引があります。

関連動画

大久保キャンプ場さんの公式Youtubeチャンネル等の関連動画を掲載しています。

公式Youtubeチャンネル

交通アクセス

※Googleマップのアプリをインストールの上ご利用いただくとスムーズにルートガイドが表示されます。
※GPSなどの位置情報はONにしてご利用ください。

© Lager