MENU

すみやきのもり みょうがしまきゃんぷじょう

炭焼の杜 明ヶ島キャンプ場

  • フリー
  • 区画
  • バンガロー
  • トレーラー
  • AC電源
  • お風呂
  • 温泉
  • シャワー
  • 無料
  • 直火
  • 川遊び
  • 海水浴
  • 釣り
  • イベント
  • グランピング

標高:271m 山間 静岡県掛川市炭焼33-2

料金の目安
ファミリー:7,000円
1泊料金目安(大人2名+小学生2名)
ソロ:5,500円
1泊料金目安(大人1名/自動車もしくは二輪車利用)

AC電源利用料を含まないオフシーズンなどの宿泊(テント・バンガローなど)最低料金の目安です。
GWや夏休み期間は多くのキャンプ場で料金が異なりますのでご注意ください。
実際の料金は必ず各キャンプ場にご確認ください。

最終訪問月:2012年8月

現地レポート

明ヶ島キャンプ場は2016年に市営から民間に管理が移管され、新しく生まれ変わりました。
以下のレポートは市営キャンプ場時代(2012年)のレポートです。現在とは施設・料金ともに異なります。

旧明ヶ島キャンプ場とは

掛川市営のキャンプ場です。 ならここの里キャンプ場(旧井尻キャンプ場)からさらに北に進んだ山中にあります。キャンプ場の管理人さんにお話をお聞きしたところ、キャンプ場周辺は「炭焼」という地名で、江戸時代やその山中故にお米を年貢として納めることができず代わりに炭を納めていた土地だそうです。
以前は集落として人家があったそうですが、昭和43年を最後に現在は無人の土地となっています。キャンプ場自体も元々小学校(分校)があった土地だそうです。40年以上前には子供たちが駆け回っていた土地を思い浮かべながらキャンプするのも素敵なものです。
また営業が夏場のみですので、その点もご注意を。

ロケーション

山深い立地のキャンプ場
山深い立地のキャンプ場

完全なる山中です。吉川キャンプ場カワセミの里も元小学校でしたが、吉川キャンプ場が比較的人家に囲まれているのに比べ、こちらは完全に山の中です。
キャンプ場から河に降りることができますが、私たちが利用した日は前日までの雨のせいか水量が多く、子供たちが遊べるような状況ではありませんでした。
川の水は、キャンプ場から上流に工場や人家がないため非常に冷たく清流でした。

アクセス

私たちはかなり迷ってうろうろしましたので、よく分かりませんが掛川I.Cから1時間程度です。ただ、道が悪かったり、落石があるところもあり、ゆっくり進む箇所があります。

料金

4人家族(大人2人・幼児2人)で2,090円でした。市営のキャンプ場らしく安いです。
本当はその他にシャワーの使用料や冷蔵庫の使用料が必要だと思うのですが、そのあたりはかなりアバウトで管理人さんが「いつでも使えるようにしといたから」というかなりゆるーい感じでした。ただ、当日は私たちしかいなかったので、混雑していたら異なるかもしれません。

ホームページにもあるように、すぐ隣で養殖しているヤマメが1名につき1匹いただけます。下処理もした状態でいただけるので、あとは焼くだけの状態です。炭火でゆっくり焼いたヤマメは非常に美味でした。4匹もいただいたので、当日と翌日に分けて2匹ずついただきました。
普通、こういう川魚は数百円はするので、それだけで場所代は…ともいえますね。

ヤマメの養殖

ヤマメの塩焼き
ヤマメの塩焼き

管理棟のすぐ隣で、ヤマメの養殖を行っています。プールのようなイケスで大量のヤマメが泳いでいます。
生産されたヤマメは静岡県西部の各地のホテルや料理店に卸されているそうです。
とてもおいしかったです!
子供連れであれば、一緒にヤマメの養殖のプールにはいることもできるらしいので、興味のある方はぜひお試しください。

施設・キャンプサイト

キャンプ場入口
キャンプ場入口

管理棟内にシャワー室・トイレがあり、近隣に炊事棟、少し離れてバンガローや第2(?)キャンプサイトがあります。元小学校と思われる場所には管理棟と4サイト分のサイトがあります。
ので、それほど大きくはありません。

全体としてはキャンプサイトが6サイト、バンガローが6箇所だと思います。
ただ、北側のバンガロー(3箇所)は老朽化がひどく、使用に耐えないと感じました。(実際に使用されているかは分かりません)
トイレやシャワー、炊事施設が管理棟周辺に集まっているため、第2キャンプサイトやバンガローの利用の場合は、やや面倒だと思います。

まとめ

まず言えることは、初めてのファミリーキャンプで利用するのはやめましょう(笑)逆にある程度キャンプの経験がある方であれば楽しめる場所だと思います。キャンプ場自体が半分自然に還りかかっています。
私個人的には、久しぶりのひなびたキャンプ場で、人も車もほとんど通らなく、夜は真っ暗。近くに人家はなし。という状況ですが割合楽しかったです。特に男だけのシンプルなキャンプには最適だと思います。
ファミリーキャンプには不適ですが、素朴なさびしいキャンプには良い場所だと言えます。

その他の写真

管理棟
管理棟
ヤマメの養殖場入口
ヤマメの養殖場入口
北側バンガロー(古い)
北側バンガロー(古い)
西側バンガロー(新しい)
西側バンガロー(新しい)
下界との連絡手段はピンクの電話のみ!
下界との連絡手段はピンクの電話のみ!
北側バンガローへと続く吊り橋。草木が鬱蒼としている。もう少し刈ってほしい。
北側バンガローへと続く吊り橋。草木が鬱蒼としている。もう少し刈ってほしい。

キャンプ場情報

下記キャンプ場の情報は2020年10月26日時点のものです。
ご予約される場合は、最新の情報をキャンプ場のホームページ等でご確認をお願いいたします。

施設名 炭焼の杜 明ヶ島キャンプ場
(すみやきのもり みょうがしまきゃんぷじょう)
電話番号 0537-25-2052
※スマホをお使いの場合は番号タップでお電話かけていただけます。
住所 静岡県掛川市静岡県掛川市炭焼33-2
Googleマップでルートガイドを見る
アクセス 東名掛川ICより車60分
公式Webサイト http://www.bt-r.jp/smc/
場内設備 調理施設・便所・駐車場・管理棟
レンタル品 鉄板・コンロ・毛布・冷蔵庫
販売品 炭・薪

交通アクセス

※Googleマップのアプリをインストールの上ご利用いただくとスムーズにルートガイドが表示されます。
※GPSなどの位置情報はONにしてご利用ください。

© Lager